教師のタイプ

自分に合った講師の選び方

家庭教師の講師には、様々な人がいます。講師の選び方には、学歴をもとに選ぶ方法、料金で選ぶ方法などがあります。まず、学歴をもとに講師を選ぶ場合には、実績を見るのが一番です。子供に志望校がある場合には、その志望校出身の講師を選ぶのが良いです。志望校出身の講師にお願いすることによって、講師に対する信頼感が強くなります。よって、教師の指導に説得力ができ、やる気がでます。また、その教師から卒業後の詳しい進路についても教わることもできます。料金で家庭教師の講師を選ぶ場合には、予算をオーバーしないように選ぶことが大切です。家庭教師は多額のお金が必要になるので、無理なくお金を支払えるようにしなければなりません。

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師の最大のメリットには、マンツーマンで教育を受けられるということがあります。子供の理解度に合わせて勉強を進めることができるので、授業で分からないところがあったとしても気軽に講師に尋ねることができます。また、他にも塾に通う時間を短縮できるというメリットがあります。通う時間を他のことに充てることができるので、時間を効率よく使えます。家庭教師のデメリットには、塾に比べて授業料が高額なこと、一人の先生への依存度が高いことが挙げられます。子供に合う講師を選べた場合はデメリットではないと言えるのですが、子供に合わない講師と当たった場合には学習意欲が逆に低下してしまうという可能性があります。メリットとデメリットを把握し、家庭教師を選ぶことが大切です。